すっきり解る年利・年金利回り法とは

年金利回り法は、実質の金利を計算します。 消費者金融やキャッシングの詳細で金利が印字されていますが、あの数字の計算方法です。 年利とは、利息のことで、金融業者からお金を借りると利息が必要です。 借入額が低いほど利息は安くなります。 この利息を年間で考えるので、年利と呼ばれています。 一般的に支払いは月に一度ですから、月単位で計算されます。 ですが、実質の年利は日単位で計算をします。 細かいようですが、数字は当然変わっていき、日単位では金利を低くすることができるのです。 そのため長期間にわたって借りるよりも、短い間だけ借りた方が金利は低くなります。 この年利を示すことは、法律で定められています。 10万円以下なら20%以下にしなくてはなりません。 また10万円以上なら18%以下と決められています。 この数字に従い、サービスを展開しているのです。 ちなみに100万円以上なら15%以下と高額になるほど率は低くなります。 そもそも利回りは金利とは違います。 金利はお金を借りた時に支払うものです。 ですが、利回りは元本が増減した後の金額の割合を年単位で示すものです。 年金利回り法は、実際の金利の計算をします。 もちろん、返済額から利息を引いた上で計算します。 例えば100万円借りたとします。 年間では15万円以下の支払いが必要です。 しかし、返済は一気に求められず毎月支払うこととなります。 元本は毎月変化し、支払っているなら、元本は減っていきます。 元本と年利をかけたものを年間で割った数字を、経過期間にかけます。 それが返済の利息ということになります。